髪のダメージ

ダメージを受けて痛んだ髪をサラツヤな黒髪へ

髪のダメージコメント(0)トラックバック(0)

髪が痛んでいるときにはカットしか
方法はないのでしょうか?


髪の痛みは気になるものです。
ダメージを受けやすい夏の髪
特に注意が必要です。


長く伸ばしている場合は
枝毛や切れ毛を定期的にカットすることも
必要かもしれません。


しかしながら、ヘアケアの仕方
見直すことも必要です。
洗髪の仕方や乾燥の方法で、
髪の痛みは違ってきます。


ロングヘアーを目指すなら、まとめやすい髪が理想なら
ヘアケアをチェックしてみましょう。
サラツヤ美髪を手に入れる


まとめ髪をするときのブラシによる髪のダメージ

髪のダメージコメント(0)トラックバック(0)

髪のダメージを感じるのは、髪にブラシを入れて
まとめ髪をしようとするときですね。
どうしても、通らないときはそのまままとめます。


続けていると、切れ毛の原因になってしまいます。
また強くこするとこすれ毛でどんどん弱くなるのです。


さらっと、通ってきれいにまとまると
1日気分がよいのです。


そうした、髪を守るヘアケアが理想です。
ブラシをするときにも長い時には工夫が必要です。
いっきにサーッと通さずに、髪の毛先、中程、根元に
分けてブラシを入れるとよいです。


まとめ髪をするときには、ブラッシングの工夫をすることで
ダメージを減らすことができます。

夏の髪のダメージから守るヒントになるでしょう。

 

Lasanaヘアエッセンスで究極の潤ツヤ美髪を手に入れる!トライアルセットはこちら

TOPPAGE  TOP 

健康食品