まとめ髪をするときのブラシによる髪のダメージ

髪のダメージを感じるのは、髪にブラシを入れて
まとめ髪をしようとするときですね。
どうしても、通らないときはそのまままとめます。


続けていると、切れ毛の原因になってしまいます。
また強くこするとこすれ毛でどんどん弱くなるのです。


さらっと、通ってきれいにまとまると
1日気分がよいのです。


そうした、髪を守るヘアケアが理想です。
ブラシをするときにも長い時には工夫が必要です。
いっきにサーッと通さずに、髪の毛先、中程、根元に
分けてブラシを入れるとよいです。


まとめ髪をするときには、ブラッシングの工夫をすることで
ダメージを減らすことができます。

夏の髪のダメージから守るヒントになるでしょう。

 

Lasanaヘアエッセンスで究極の潤ツヤ美髪を手に入れる!トライアルセットはこちら

関連記事

  1. ダメージを受けて痛んだ髪をサラツヤな黒髪へ
  2. まとめ髪をするときのブラシによる髪のダメージ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.lovedateplane.com/mt/mt-tb.cgi/9

コメントする

TOPPAGE  TOP 

健康食品