ダメージを受けて痛んだ髪をサラツヤな黒髪へ

髪が痛んでいるときにはカットしか
方法はないのでしょうか?


髪の痛みは気になるものです。
ダメージを受けやすい夏の髪
特に注意が必要です。


長く伸ばしている場合は
枝毛や切れ毛を定期的にカットすることも
必要かもしれません。


しかしながら、ヘアケアの仕方
見直すことも必要です。
洗髪の仕方や乾燥の方法で、
髪の痛みは違ってきます。


ロングヘアーを目指すなら、まとめやすい髪が理想なら
ヘアケアをチェックしてみましょう。
サラツヤ美髪を手に入れる

関連記事

  1. ダメージを受けて痛んだ髪をサラツヤな黒髪へ
  2. まとめ髪をするときのブラシによる髪のダメージ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.lovedateplane.com/mt/mt-tb.cgi/14

コメントする

TOPPAGE  TOP 

健康食品